県民共済住宅の特長

「資金計画」資金について

パソコンを見ながら相談する夫婦画像

自己資金の準備

多くの金融機関が購入価格の8割を融資限度額としています。したがって家を建てる際、契約額の2割以上を頭金として用意するのが理想とされています。

最近は10割の融資を行う金融機関も増えていますが、借り入れが多ければ月々の返済額も多くなりますので自己資金は早めに準備しましょう。

県民共済住宅提携ローンのご案内

県民共済住宅提携ローンは、住宅を建築されるお客様が褐ァ民共済住宅の提携する金融機関から通常より有利な条件で、所要資金の一部について融資を受けることのできる制度です。
融資につきましては、埼玉りそな銀行のほか複数の金融機関との提携ローンを用意しております、お気軽にご相談ください。

平成24年8月 現在
リビングで遊ぶ家族画像
ご利用のメリット
1

お借り入れの金利が優遇されます。

2

上棟後、中間金支払をつなぎ融資としてご利用できます。

ご融資金額

50万円以上5,000万円以内

ご融資の期間

1年以上35年以内(1年単位)

pagetop
Copyright (C) 2015 株式会社 県民共済住宅. All rights reserved.