新型火災共済

大切な我が家を一瞬で失ってしまうのが火災。小さな掛金で住宅や家財の火災、落雷等多くの損害に幅広く保障が受けられます。保障は焼失した住宅や家財を修復または新しく購入できる価額を基準にしています。

  • 住宅も家財も火災以外の保障も!
  • ご加入の対象は…「持ち家なら住宅と家財」、「貸している家なら住宅」、「借りている家なら家財」となります。
  • 新型火災共済の特長
  • 保障内容
  • ご加入方法と共済制度のご案内
  • お支払い事例

新型火災共済5つのポイント

ポイント1

手頃な掛金で、充実の保障。
火災はもちろん消防破壊・消防冠水、落雷被害、車両の衝突等、手頃な掛金で、
火災以外の保障も充実しています。
あなたのお住まいの掛金をカンタンお見積もり掛金が今すぐわかる!掛金シュミレーション
住宅の面積や家族の人数によって保障額と掛金は変わります。保障額と掛金の早見表

ポイント2

再取得価額で保障。
損害を被った住宅や家財は修復、新築、新品購入できる価額をご加入額の範囲内でお支払いします。

ポイント3

見舞共済金等も充実。
臨時費用、焼死等、持ち出し家財、失火見舞費用、借家修復、漏水見舞費用、地震等、風水雪害などの
見舞共済金等も充実しています。

ポイント4

スピーディーなお支払いを目指しています。
火災等、万一の場合に必要となる共済金等のお支払いを迅速に対応できるよう努めています。

ポイント5

期末の剰余金は「割戻金」でお戻しします。
期末の決算で剰余金があるときは割戻金として期末のご加入者にお戻ししております。

掛金負担を軽くする「割戻金」

平成26年3月決算の割戻率 払込掛金の40.21% 木造30坪・4人家族 保障額3,700万円(年払掛金29,600円)の場合 割戻金11,902円

  • ※決算後、剰余金が生じたときは払込掛金に応じて割戻金として毎年3月末日において加入されているご加入者を対象に、8月上旬に掛金振替口座へお戻ししています。
  • ※割戻金の中から払込掛金の5%相当を出資金に振替させていただいております。この出資金は、ご加入者が脱退されるときに定款の定めにしたがってお戻しいたします。

ご存知ですか?保障のこと

火災の備えは再取得価額で、必要な物をしっかり手当て。 つい忘れがちな家財の保障。家財があってこそのわが家です。火災の備えは“再取得価額”で つい忘れがちな家財の保障