地震に強い家

地震に強い家
地震に強い家

地震などの自然災害が多い日本で、安全に安心して暮らすためには、地震に強い家づくりが必要です。
国が定める最高等級の耐震性にとどまらず、標準装備で制震システムを設置。設計・施工を確認する第三者チェックも全棟行うことで地震に強い家づくりをご提供しています。

耐震等級3(最高等級)
制震システム標準装備
設計・建設住宅性能評価制度
(第三者チェック)全棟実施

※エアコン2台との選択制となります。

耐震等級3はどうして必要なの?

震度7の揺れが2回起こり、大きな被害を出した2016年の熊本地震では、新耐震基準(2000年基準)の建物も被害を受け、激震地において19棟が全壊、または倒壊しました。しかし、耐震等級3の住宅については、中破以上の被害は0でした。

熊本地震における木造住宅の建築時期別の損傷比率(建築学会によって実施された益城町中心部における悉皆調査より)

耐震等級3はどうして必要なの?

※1 出典:国の熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会報告書より
※2 7棟のうち3棟は接合部仕様が不十分であり、1棟は敷地の崩壊、基礎の傾斜等が確認された。
※3 参考資料:ヤマベの木構造 著者:山辺豊彦

繰り返す地震にも強い「制震」技術

さらに、粘弾性体を使用したVEMダンパーを標準装備に導入し、地震による住宅へのダメージを軽減します。

繰り返す地震にも強い「制震」技術

※4 制振システムは標準選択品です。延べ床面積によって設置箇所数が異なります。 ※5県民共済住宅ではお取り扱いしておりません。

地震に耐える「耐震」では、大地震の揺れに耐えることは可能ですが、建物へのダメージはどうしても蓄積していきます。
「制震」を行うことで、そのダメージを制震装置が吸収。建物へのダメージを軽減することが可能です。
県民共済住宅では、制震システムにスリーエムジャパン社製の粘弾性体を使用したVEMダンパーを採用しました。
これにより、単発の地震動に耐えるだけでなく、建物の揺れを軽減することで、構造躯体へのダメージを抑え、
繰り返し起こる地震動に対しても強い住宅造りを実現します。

詳しくは、VEMダンパー特集ページをご覧ください。

※ 制震システム設置は標準装備内で選択が可能な装備になります。
(県民共済住宅では制震システムのご選択を推奨しています)

安心の第三者チェック 
─ 性能評価制度

県民共済住宅では設計・建設住宅性能評価制度を利用し、
設計段階から、実際の施工時においても第三者のチェックを実施し、住宅性能評価書をお客様へ全棟お渡ししています。

  • 設計住宅性能評価のマーク

    設計住宅性能評価のマーク

  • 建設住宅性能評価のマーク

    建設住宅性能評価のマーク

設計・建設住宅性能評価を取得し、県民共済住宅で建築させていただいた建物が、
正しく設計・施工されていることを第三者の目でも確認した上で、お客様へ安心・安全の家をご提供させていただきます。

│県民共済住宅の特徴│