優れた
省エネ性能

優れた省エネ性能

ただ環境に優しいだけで、本当に私たちが求める省エネ住宅といえるでしょうか。

住まう方が快適に過ごすことができ、その上で省エネを実現するのが私たちが目指す住まいです。
そして、省エネを実現することで、県民共済住宅は建てるときだけでなく、建てたあともお財布に優しい住まいを目指します。
その結果として、家計だけでなく環境にも優しいECOな住まいが実現する。私たちはそう考えています。

標準装備で<<ZEH水準の省エネ住宅>>を実現する県民共済住宅の優れた省エネ性能をご紹介します。


※ZEH=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、省エネ性能を上げることとエネルギーを創ることで一次消費エネルギー量の収支をゼロ以下にすることを目指した住まいです。ZEH水準の省エネ住宅とは、ZEH同等の断熱等性能等級と一次エネルギー消費量等級を取得した住宅を指します。

優れた省エネ性能
優れた省エネ性能

省エネに役立つ
断熱とは

省エネ住宅にとって必要不可欠なのが「断熱」です。断熱とは住まいの窓、壁、屋根、床などを通じた内外の熱の移動を抑えること。熱の移動を減らすことにより、少ないエネルギーで冷暖房を行うことができるため節約につながります。県民共済住宅では高品位でコストパフォーマンスに優れたグラスウールなどを採用。さらに、最も熱の移動が多い窓の一部にトリプルガラスサッシを標準装備することで、価格以上の断熱性能で快適な省エネ住宅を実現します。

断熱性能
標準仕様でUA値≦0.6

UA値(外皮平均熱貫流率)は、住宅の室内から、「床(基礎)・壁(外壁)・天井(屋根)・開口部(窓)」などを通して、外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した数値です。値が小さいほど熱が逃げにくく、冷暖房費の節約が実現可能です。
さらに、部屋ごとの温度差の低減にもつながる為、心地良い住まいとなり、ヒートショック対策にも有効です。
県民共済住宅では標準仕様で断熱等性能等級5に当たる、UA値≦0.6をクリアします。

優れた省エネ性能

※プラン等によってはこの数値を超える場合があります。また、お客さまのご希望などにより達成できない場合があります。

優れた省エネ性能

※プラン等によってはこの数値を超える場合があります。また、お客さまのご希望などにより達成できない場合があります。BELS取得には別途費用がかかります。

基準より20%以上省エネな住宅へ
標準仕様でBEI≦0.8

BEI(Building Energy Index)は、(設計一次エネルギー消費量)÷(基準一次エネルギー消費量)で算出される住宅の省エネ性を示す指標です。設計上その住宅がどれくらいエネルギーを消費するのかを計算し、基準仕様(平成28年基準相当の外皮と標準的な設備)で算定した基準一次エネルギー消費量と比較して、どのくらい消費エネルギーが少ないかを示します。
県民共済住宅では標準仕様で一次エネルギー消費量等級6(最高等級)や住宅版省エネマークであるBELSの★★★★★(最高レベルの5つ星)に当たる、BEI≦0.8をクリアします。

県民共済住宅が厳選した
省エネ設備を標準装備。

断熱性で削減できるのは主に冷暖房に掛かるエネルギーの一部です。そして、比較的温暖な埼玉県では、水道代を除いた光熱費のうち冷暖房費は1/4程度が一般的です。
つまり、水道光熱費を多く削減するには、断熱性や冷暖房費用以外にも目を向ける必要があります。
県民共済住宅では、全室LED照明や節水シャワーや高効率給湯器などに加え、タッチレス水栓や第三種DCモーター搭載24時間換気システムなどの省エネ性に優れた住宅設備を標準装備。ご家族のふつうの毎日が、そのまま省エネにつながります。

優れた省エネ性能
優れた省エネ性能

豊富なオプション装備
さらなる省エネ・創エネを
実現可能です。

さらに上の「省エネ」住宅を目指したいお客様へは高断熱仕様・太陽光発電・高効率エアコン・高効率給湯器(プレミアムエコキュート・エコワン)など、豊富な「省エネ」・「創エネ」オプションをご用意しています。

県民共済住宅は、叶えたい住まいを手の届く価格で。さらにランニングコストもお得な暮らしのご提供を目指しています。

│県民共済住宅の特徴│